確定拠出年金・401kを検討中の経営幹部、人事・総務部門の方へ

社員の自立・自己実現を支援する “選択制”確定拠出年金制度 401k

経営者、総務人事担当者のみなさまへ
「社会保険料の負担を小さくしたい」
「退職金制度を整えたい」
「厚生年金基金解散で移行先を探している」
こんなご要望におこたえできる提案が当社にございます。

お問い合わせ

お問い合わせ

グローバルナビ

point1 選択性確定拠出年金制度(選択制401k)とは?

確定拠出年金とは、拠出された掛金を個人ごとに積み立てていき、掛金とその運用益の合計額をもとに将来受け取れる年金額などが決定される仕組みです。加入者が自己責任のもとに運用し、その実績次第で受け取る金額が変わることが大きな特徴です。
その確定拠出年金制度のうち、現行給与の一定額を確定拠出年金の掛金として拠出するかどうかを社員一人一人が選択できるスタイルが「選択制確定拠出年金」(選択制401k)です。
私たちが推奨する「選択制確定拠出年金制度」(選択制401k)の主な特徴は、以下などがあげられます。

1)年々増加していく、社会保険料コストが軽減できること(会社・社員双方にとってメリット)
2)所得税・住民税の軽減による手取り所得が増加すること(社員メリット)
3)運用益は非課税扱いとなること(社員メリット)
4)先進的な福利厚生制度導入による企業イメージUPで人材採用力がUPすること(会社・社員双方にとってメリット)

401kの仕組み

「確定拠出年金法」は平成13年に施行され、その最大の目的は、現役時代から高齢期に備える個人の自助努力を国が“支援”することにあります。
「選択制確定拠出年金制度」(選択制401k)は、社員の資産形成を促すと同時に会社の社会保険料も軽減できるという「会社」と「社員」双方にメリットがある制度です。

通常、貯蓄をする場合は、額面給与金額から、税金や社会保険料が控除されたものが手取りとなっています。その手取り額の中から、社員それぞれが貯蓄を行っています。

「選択制確定拠出年金制度」(選択制401k)を導入することで、給与の中に新たに拠出限度額範囲内で確定拠出金(選択金)を設定することができ、社員一人一人がそれぞれ拠出する金額を選択、決定することが可能です。

左図のように、この確定拠出金(選択金)は、税金や社会保険料が非課税扱いとなるため労使ともに社会保険料の軽減ができ、さらに社員には所得税などの税金の軽減メリットも受けることができるのです。

この仕組みこそ「個人の将来の金銭的な備えの自助努力を国が支援」するということです。

お問い合わせ

お問い合わせ

point2 フューチャー・デザイン・ラボにおける選択制確定拠出年金(選択制401k)事業推進ビジョン

『私たちフューチャー・デザイン・ラボでは、当制度を【中堅企業・ベンチャー企業】様にもっと知っていただき、導入促進をしていくべきと考えており、従業員数300人未満・・・特に100人未満の企業様を中心に導入が容易で労使双方にとってメリットがある「選択制確定拠出年金制度」(選択制401k)のご提案活動をさせていただいております。

貴社の従業員の皆さまが ≪将来の自分自身の為に自立して準備していくこと≫ を支援していく為にフューチャー・デザイン・ラボでは、多くの企業様が参加できる 総合型年金規約を運営しております。

より多くの企業様にご参加いただき、是非皆さまと当規約を大きいスケールに育てていきたいと考えております。

大企業との比較

お問い合わせ

お問い合わせ

point3 フューチャー・デザイン・ラボの年金規約 事例

フューチャー・デザイン・ラボの選択制確定拠出年金制度(401k)は、中堅・ベンチャー企業を中心に全国で導入いただいております。

  • ・従業員規模
  • ・・・
  • 当社のプラン導入にあたり従業員規模による制限はございません。
    従業員10名未満の企業様も導入いただいております。
  • ・業界
  • ・・・
  • 幅広い業界で導入実績がございます。
  • ・地方
  • ・・・
  • 全国対応いたしております。当社が東京にあるため関東での導入が圧倒的に多いのが現状ですが、関東外のお客様にも関東と変わらないサポート体制をご提供できます。
従業員規模別
従業員数 社数
1〜9人 11
10〜29人 34
30〜49人 24
50〜99人 21
100〜199人 11
200〜499人 3
1000人〜 1
総計 105
業界別
業界社数
IT・通信 25
建設・不動産18
サービス15
企業コンサル10
医療・介護9
製造8
物流・運輸5
流通5
飲食4
人材4
メディア 2
総計105
地方別
地方社数
関東72
北海道8
近畿7
東海5
信越5
九州3
四国3
北陸1
東北1
総計105

2015年10月現在

導入事例1) 株式会社コプロシステム

業種:情報処理サービス  社員数:50名  加入率:34%

point3 フューチャー・デザイン・ラボの401K導入のねらい・目的

社員の将来の為に何か新しい福利厚生的な制度を考えていたところ、当制度の説明を受け2011年4月に導入した。社員の将来の為の資産形成を促すことができ、同時に会社側の社会保険料も軽減できる部分に着目した。また、当制度は全社員強制ではなく、社員が自分で加入するかしないかを判断し、毎月の積立額も自分で決めるという部分が会社にとっても導入しやすい制度だと判断した。

導入事例2) 株式会社F社

業種:企業コンサルティング  社員数:15名  加入率:50%

point3 フューチャー・デザイン・ラボの401K導入のねらい・目的

将来の年金受給が減額される・受給がなくなる・・・と言われている中、社員の将来の為の良い制度であると思っている。弊社では社員個々の毎月の積立額に、会社負担でその積立額の10%分を積立奨励金として上乗せしている。今の時代、退職金制度を運営するのはなかなか難しいがこの制度はそれに代わる、会社側に大きな負担が無い良い制度だと思っている。

導入事例3) 株式会社東京大学TLO

業種:産学連携コンサルティング  社員数:20名

point3 フューチャー・デザイン・ラボの401K導入のねらい・目的

フューチャー・デザイン・ラボさんからのご案内がきっかけで、導入決定当時も、これまでも、特に同種の制度等を検討した背景はありませんでした。
決めてはやはり、会社としての実質的な負担増がほとんどなく、従業員のメリットが実現できる点が大きかったと思います。また、従業員にとっての資産運用や投資に対する啓発に繋がるのではないか、という期待もありました。
社会保険料等の軽減が見込める部分は、従業員への制度利用インセンティブに当てたのも、従業員への啓発効果を狙ってのものでした。


導入実績と今後の展望


総合型厚生年金基金の解散により、代替の年金制度として選択制401kの注目度が、今後さらに高まると考えられます。

お問い合わせ

お問い合わせ

point4 フューチャー・デザイン・ラボがご提供するサービス

a)選択制確定拠出年金(選択制401k)サービス提供スキーム

フューチャー・デザイン・ラボでは、金融機関からなる運営管理機関・資産管理機関との共同スキームで導入から運営サポート、資産管理までをトータルで行っています。

フューチャー・デザイン・ラボ 統合型確定拠出年金プランの概略図

b)導入から運営までワンストップでフルサポート

フューチャー・デザイン・ラボでは、選択制確定拠出年金制度(選択制401k)の導入に伴う諸手続き(規程整備を含む)から、通常の運営業務までフルサポートのサービスを提供しています。

導入に際しては、以下の手続きが必要になります。
フューチャー・デザイン・ラボでは、導入までのさまざまな手続きから導入後の運営業務までをワンストップでフルサポートしています。

1)選択制確定拠出年金制度(選択制401k)導入に際しての労使合意
2)就業規則、給与規程など諸規程の作成・変更、年金規約の作成
3)厚生労働局への許可申請
4)運用方法・金融商品に関する社員向け投資教育

事業参加者の主な役割

事業参加者 確定拠出年金
での位置付け
業務内容
フューチャー・デザイン・ラボ 代表事業主
および制度案内・
総合アドバイザー
■総合窓口として、選択性確定拠出年金制度の導入をサポート
・導入前後の社員向け説明会等もサポート
・参加企業の掛金取りまとめ(野村信託銀行への掛金納付)
・参加企業の事務取りまとめ(JIS&T社とのデータ受渡 等)
金融機関 運営管理機関 ・確定拠出年金規約の作成、申請業務等
・確定拠出年金用投資教育
金融機関 運用関連
運用管理機構
・加入者向けの運用商品の情報提供
(コールセンター・WEBを通じて商品内容、各種手続きの相談・受付)
記録専門機関 記録関連
運営管理機関
・加入者等情報のデータ管理、運用指図の取りまとめ・資産管理機関への通知
・給付の裁定(給付を受ける権利の決定)
金融機関 資産管理機関 ・年金資産の保全・管理、商品提供機関への資産振分け
・給付金の支払い

お問い合わせ

お問い合わせ

point5 選択制確定拠出年金(選択制401k)導入までの流れとスケジュール

a)フューチャーデザインラボの選択制確定拠出年金(選択制401k) 導入フロー

フューチャー・デザイン・ラボ 統合型確定拠出年金プランの概略図

b)導入タイムスケジュール

現行制度の分析から、新制度への移行まで貴社の事務局をサポートいたします。

導入タイムスケジュール

【ご注意】上記スケジュールは一例に過ぎません。各法人の個別事情等により、さらに期間を要する場合もございます。

お問い合わせ

お問い合わせ

トップへ戻る